モンコチヤンノ写真

[#ここから太字]モンコチヤンノ写真

 ケンシヤウモンコチヤンハ ダレニ シヤシンヲ トツテ モラヒマシタカ。オコタヘハ クワンセイ ハガキ デ コドモノクニ ヘ 五月十五日マデニ ハツペウハ 八月号ノ コドモノクニ[#ここで太字終わり][#「裏表紙」のキャプション付きの図(fig44989_01.png、横694×縦663)入る]裏表紙[#「裏表紙」はキャプション]

 進駐軍、厚木キャンプの近くにある、聖ジョセフ学院中学部の初年級の担任教諭が、受持の生徒のことで、地区の警察署から呼出しを受けた。 年配の司法主任が、知的な顔をした婦人警官を連れて調室に入ってきた。「お呼びたてして、恐縮でした」と軽く会釈すると、事務机を挟んで教諭と向きあう椅子に掛けた。尾花が白い穂波をあげて揺れているのが、横手の窓から見えた。「こちらは少年相談所の補導さん……この警察は開店早々で、少年係がおりません。臨時に応援にきてもらったので、事件を大きくしようというのではありませんから、ご心配のないように」「司法主任のおっしゃるとおり、私どもは、たいした事件だと思っておりませんの。廃棄した掩体壕《えんたいごう》のなかに、生憎と進駐軍の器材が入っていた関係で、やかましいことをいっておりますが、器材といっても、旧海軍兵舎の廃木なんですから、ちょっと火をいじったぐらいのことで、放火のどうのと騒ぐのはおかしいですわ……ですから、理由はなんだっていいので、あそこでギャングの真似をしていたとか、キャンプ・ファイヤをやろうと思ったとか、書類の上で、筋が通っていればすむことなんですが、石みたいに黙りこんでいるので、計らいようがなくて、困っておりますの」「私のほうでも、これ以上とめておきたくないのですが、書類が完結しないので、返すわけにいかない……先生はクラスの担任で、本人の幼年時代のことも知っていられるそうですから、家庭関係と向性の概略をうかがって、それを参考にして適当な理由をこしらえてしまおうというので……」「いろいろとご配慮をいただきまして、ありがとうございました」 教諭が丁寧に頭をさげた。

— posted by id at 04:22 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 2.0374 sec.

http://yusuke-tomoi.jp/