他人の金で勉強する

「大当り」 と太郎は心のなかでつぶやいた。ヨハネでも、やはり言うときは言うんだな。女の子に化けたのは、たった一度だけだったのに、いったい誰から聞いたんだろう。あのときの婦警かしら。セーラー服を借りた、二年A組のヨナ子がしゃべったのかもしれない。「お前は、他人の金で勉強するのが嫌になった。それで、...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 04:26 pm  

最後の日

 最後の日の近く、母がひと句切りずつ口移しに教えて、いくども復唱させた。「ラケダイモンというのは、スパルタ人のことなの……二千年も前に、スパルタの兵隊が、何百倍というペルシャの軍隊とテルモピレーというところで戦争をして、一人残らず戦死しました。その古戦場に、こういう文章を彫りつけた石の碑があったと...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 04:25 pm  

骨と皮ばかりになった十四、五の娘

 骨と皮ばかりになった十四、五の娘が、岩の窪みに落ちた米粒を一つ一つひろっては、泥をふいて食べている。そのむこうの気違いのような眼つきをした裸の兵隊は、オオハコベを口いっぱいに頬ばり、唇から青い汁を垂らしながらニチャニチャ噛んでいる……そういう人間のすがたも、間もなくまた薄闇のなかに沈む。そうして日...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 04:25 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.0142 sec.

http://yusuke-tomoi.jp/